読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし彼が右サイドを駆け上がっていたら、などとつい考えてしまうあるサッカー選手について

サッカーを観ることが好きで、年に数回程度だけれど、友人と、あるいは付き合っている人がいればその人とスタジアムへ観戦に行ったりする。

当然好きなサッカー選手もいる。かつて川崎フロンターレなどに所属していた森勇介という選手だ。サッカーファン以外にはあまり有名ではないかもしれない。日本代表にも一度候補合宿に呼ばれただけで正式メンバーには縁がなかった。
決して才能がなかった訳ではない。スピード、テクニック共に申し分ない才能を持っていた。スピードに乗ったドリブルでサイドを駆け上がる姿はとてもエキサイティングだったし、そのプレーは彼の所属しているチームの大きなストロングポイントだった。




ただ、とてもガラが悪い。もう少し控え目な言い方をすればメンタルに課題があるのだ。「Jリーグで最多の退場数」という記録を持つ選手だ。ガラが悪い。

中堅選手と呼ばれる年齢になっても荒々しいプレーでイエローカードやレッドカードを貰い続け、「あとはメンタル面だけなんですけどね……」とテレビ中継の解説者に評されていた。それは普通、若手の選手が言われる言葉だ。ガラが悪い。

ナビスコカップの決勝で敗れ、所属する川崎フロンターレが惜しくも準優勝だった際に授賞式の壇上で不機嫌そうにガムを噛み、その姿は全国にテレビ中継され問題視された。ガラが悪い。




もう少しメンタルが落ち着いた選手ならとっくに代表にも呼ばれていただろうに、勿体ないな。といつも思っていた。しかしその「ダメさ」がたまらなく愛しいとでも言うべきか、「あとはメンタルだけなのに」という歯痒さを感じさせられる森勇介という存在からいつしか目が離せなくなってしまったのである。

かく言う自分自身も(必死に抑え込んではいるけれど)短気で、怒りやすい人間であると自覚している。怒っていいことなどないのだし、後で自分自身に対して深く後悔するだけなのに、やはり本能的に熱くなって相手に突っ掛かっていったりしてしまうこともあった(最近はもうそんなことはないが)。なんというかフローベールの「ボヴァリー夫人は私だ」ではないけれど、「森勇介は私だ」などと思いながらいつもプレーを見ていた。




先日、テレビで日本代表の試合を見た。右サイドバックで先発した酒井高徳は好きな選手だし、先日の試合もミスはあったけれど及第点のプレーだったと思う。
しかし、やはりついここで妄想してしまうのである。森勇介がもしこの試合に右サイドバックで出場していたらどうだっただろうか、などと……。メンタルも安定して、めでたく代表に選ばれた森勇介がスピードに乗って右サイドをドリブルで駆け上がり、局面を打開して相手を翻弄する姿……。


だがしかし、とそこで思い直す。メンタルの安定した森勇介など森勇介ではない。「あとはメンタルだけなんですけどね……」と言われ続けるその歯痒さ、そしてその愛すべきダメさこそが森勇介なのではないかと。